プライバシーマーク取得にかかる期間は?短縮する方法をご紹介

個人情報を適切に取り扱っていることを一般消費者や法人などに対してアピールできるプライバシーマーク。
使用するには申請して第三者機関による許可を得なければいけませんが、使用可能になるまでに要する日数は1日や2日で済むような簡単なものではありません。
これはマークの取得支援を行なっているコンサルティング会社の例ですが、7ヶ月前後の機関を費やして取得をめざすというスタンスです。

これを意外と早く取得できると感じる方もいれば、遅いと思う方もいるでしょう。
遅いと感じた方はなんとかもっと短期間で取得できないものかと考えるでしょうが、Pマーク一括見積り術でその希望が叶う見込みがあります。

Pマーク一括見積り術はコンサルティング会社に対し一括見積り依頼を出せるWebサイトです。
サイトに設置されている見積り取得の申し込みフォームには、コンサルティング会社にとくに求める点として取得までの早さにチェックを入れることができるようになっています。
これを入れておけば、より短期間で取得をめざせるところだけの見積りを取得でき、複数社の見積りが届いた場合には、比較してどこが一番短い期間で取得にいたることができそうか把握することができるでしょう。