取引の始め方は口座開設からとなります

2種類の通貨を売買して、その差額で設けるというFXの始め方について紹介します。
まず、FXの始め方としては、口座開設が必須であると言うことです。
これは難しいことではなくて、とっても簡単ですから、最低限のことは覚えておきましょう。

まずは、口座を開設したいと思った証券会社のホームーページに行きましょう。
そうしたら、申し込みのページがあるはずですから、そこに名前と生年月日、住所や資産情報などを入力します。

それから、会社の方に運転免許証、そして健康保険証、パスポートなどの本人確認書類を提出します。
近年では、スマホのカメラで撮影してそのままアップロード可能という会社が増えているのです。
コピーしたものを郵送するというケースもあります。
撮影のときには、ぼやけていたり、反射していたり写真が切れているようなものは使えないですから、はっきり鮮明に撮影するようにしましょう。

本人確認書類が到着したら、会社による審査が行われます。
これで審査に通ったら、必要情報が記載された書類が自宅に届きます。
ここまで終わればFXの始め方としては完了で、ログインすることによってトレードが開始できます。
もちろん、小額のお金は必要になりますから、ご注意ください。